みんなで地理を勉強しよう リンク集

Yahoo! JAPAN


地理

地理(ちり、Geography)は、「人間の生活に影響を与える地域的、社会的な構造」(自然環境や産業環境などを含む環境)を学ぶ教科のこと。小学校、中学校においては社会科の一分野である(他の分野は歴史、公民)が、高等学校では地理Aまたは地理Bとして、地理歴史科のうちの1科目となっている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Google

日本の地理

日本の地理は、アジア(ユーラシア大陸)の東方に位置する島国で、4つの大きな島とその他の島嶼からなる。4つの大きな島は北から北海道、本州、四国、九州と順に並んでいて、これを日本本土と言っている。いずれも島とは付かない。日本は島国であるとともに国土の約73%を山地が占める山国でもある。そのため日本の河川は流路延長に比し川床勾配が急で一気に流れ下る。大陸を流れる川と比べたら滝のようなものである。しかも多雨地帯にある。したがって侵食力が強く山地では深いV字谷を、盆地や平野など山地からの出口には扇状地を発達させていることが多い。また河口付近には厚い堆積層からなる平野を形成している。中部地方から東北地方にかけては河岸段丘を発達させていることが多い。世界的な地理学はヨーロッパ大陸やアメリカ大陸などを模式地として研究が進められてきた。そのため日本の実情と合わないこともある。たとえば台地もそのひとつである。日本で言う台地は扇状地や浅い海底が隆起したものであって洪積台地と分類されるものが大半を占めている。この詳細は台地を参照のこと。日本周辺の海はひとつに繋がっているが、東側および南側が太平洋、西北側が日本海、西側が東シナ海、北東側がオホーツク海と呼ばれている。本州と四国の間の海は特に瀬戸内海と呼ばれており、多数の島々が点在する。海流について見てみると、日本列島の南側を黒潮(日本海流)と呼ばれる暖かい海流が流れている。北からやってくる親潮(千島海流)と三陸沖から常磐沖でぶつかって好漁場をつくっている。一方、黒潮の分流である対馬海流が対馬海峡から日本海に流れ込んでいる。日本の気候は、列島の中央を縦走する山岳地帯を境に太平洋に面している地域と日本海に面している地域とで大きく異なる。北海道と本州の高原地帯が亜寒帯、火山列島・南鳥島・沖ノ鳥島・八重山列島・多良間島・沖大東島は熱帯、それ以外の地域は温帯に属しているが、南北で気温差が大きい。冬の間、日本海に面した地域はシベリアからの季節風により大雪が降る。新潟県や富山県など中部地方の日本海側の山間部は、特に世界的な豪雪地帯として知られている。一方、太平洋側の冬は晴天に恵まれ、フェーン現象によって空気の乾いた状態が続く。夏は「梅雨」と呼ばれる雨期によって始まり、5月下旬から7月下旬にかけて、南から順に梅雨が開けていく。梅雨が明けると、蒸し暑い夏を迎える。夏の暑い時期には連日最高気温が摂氏30度を超えることもある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

【リンク集】