飛鳥ほーすくらぶ リンク集

Yahoo! JAPAN



一つ一つの競い合いを競走(race)と呼び、一日の競馬開催でいくつかの競走が行われる。競走では、一般には騎手が馬に騎乗して一定の距離を走り、正規に最も早く決勝線に到達した馬を勝者とする。コース途中に設置された障害を飛越したり、騎手が乗った車やそりを引っ張ったりすることもある。決勝線の到達は概ね馬の鼻の先が決勝線を通過したときをもって判定されるが、ばんえい競走に限っては、馬が引っ張るソリの最後部が決勝線を通過したときをもって判定される(詳細については競馬の競走を参照)。用いられる競走馬は、平地や障害、速歩競走ではサラブレッド、サラブレッド系種、アラブ、アングロアラブ、アラブ系種の軽種馬もしくはクォーターホース、スタンダードブレッド(アメリカントロッター)等の中間種が用いられ、ばんえい競走では重種馬が用いられる。競馬の世界は優勝劣敗が大原則であり、強い馬は強い馬同士、弱い馬は弱い馬同士での競走が基本である。だが、競走の出走メンバーのみを変更するには限界がある。そこで考え出された方法として強い馬には重い斤量を、弱い馬には軽い斤量となるように、負担重量を変更することで、ある程度幅のある競走を組むことができる。負担重量の決定方法としては馬齢戦、別定戦、定量戦、ハンデキャップ競走などがある。競馬は興行という一面もあり、そのため観客をより多くひきつけるために、目玉となる競走として重賞が行われる。重賞の中でも、「強い馬が集まる重賞」、「そこそこのメンバーが集まる重賞」などのように格付けを行う場合があり、それがグレード制である。その場合、最も強い馬が集まるのがグレードワン競走(略称「GI」「GIレース」)である。GIについでGII・GIIIと数値が増え、それにつれて出走馬の能力が落ちていく。2006年現在、日本の競馬競走ではGIからGIIIまでの重賞が行われている。G1競走の中でも、3歳馬に対して行われる伝統のあるレースをクラシックと呼ぶ。2006年現在、世界各地でクラシックと呼ばれる競走が行われているが、多くの国が最初に始められたイギリスのクラシックレースを模範としている。イギリスのクラシックは全5競走であるが、うち2競走は牝馬限定戦であり、牡馬が出走可能な2000ギニー、ダービー、セントレジャーの3競走すべてに優勝した競走馬を三冠馬という。ただし生産上の意味合いが薄れ、また距離別の路線が体系化されたこともあって三冠の概念は形骸化している。なお、日本のクラシック競走も全5競走である。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Google

飛鳥

飛鳥(あすか)は、現在の奈良県高市郡明日香村辺りを指す地域の名。周囲を山々や丘陵に囲まれた小盆地で、その中央を飛鳥川が流れている。古い時代においてのみ公的であった名称ではなく、近年においても1956年の合併によって明日香村が生まれるまでは、この地域に飛鳥村があり地方自治体の名称として飛鳥は存在した。また、現在においても明日香村の字(あざ)として飛鳥という地域名称は存在している。しかし、「飛鳥」といった場合にはこちら(大阪府の飛鳥)の意味ではなく、冒頭の意味(奈良県の飛鳥)であることが一般的である。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』髪の毛はパーマやヘアカラー美容院 予約カット、白髪染めなどがある